保守点検の意味とは?実施する目的やメリット・効果、役に立つシステム

工場に設置した設備は、何のメンテナンスもせずに稼働し続けてくれるわけではありません。経年劣化による故障や不具合が生じたり、部品の交換が必要になったりするケースも多く、メンテナンスが不十分だと大きなトラブルにつながるリスクがあります。

製造現場における機器・設備の突然の故障や、不具合を防ぐために重要なのが「保守点検」です。今回は、保守点検に関する基本的な知識や実施のメリット、点検業務の効率化に役立つソリューションをご紹介します。

保守点検とは

保守点検は、製造業の現場で一般的に使用される言葉です。工場内でのトラブルを防ぐには、その意味を正しく理解したうえで、日常点検や定期点検に取り組むことが重要です。こちらでは、保守点検の意味や目的、類似した言葉との違いを解説します。

保守点検の意味

保守点検とは、計画に基づいて定期的に機器・設備を点検することです。機器・設備の稼働状況をチェックし、異常がある場合は修理や部品交換などのメンテナンスを行います。保守点検を実施することにより、万全の状態で機器・設備が稼働し続けることができ、工場における生産効率や製品品質の向上が期待できます。また、適切なメンテナンスを実施することで、設備自体の長寿命化にもつながるでしょう。保守点検は、企業にとって安全で品質の高い製品を提供し、市場での競争力を高めるために不可欠なプロセスです。

保守点検の内容は、日常点検と定期点検の2つに分かれます。日常点検は、機器・設備を使用する作業員が業務の前後に行う点検や清掃を指します。一方、定期点検は、月に1回や3カ月に1回など期間を決めて実施するより細かな点検のことです。保守点検を実施する際は、日常点検や定期点検でどのような項目をチェックするのか検討する必要があります。

保守点検の目的・必要性

保守点検は、機器・設備の故障や不良品の発生を未然に防ぐ目的で実施されます。メンテナンスの実施によって、機器・設備がより長い期間稼働できる状態にすることも目的に含まれます。機器の故障や不良品が発生すると、生産効率の低下やコストの増大につながるため、企業にとって定期的な保守点検は重要です。

また、保守点検によって機器・設備の安全性を確保することで、現場での安全な作業環境の維持にも役立ちます。これにより、企業イメージや作業員のモチベーション向上が期待できるでしょう。

「設備保全」や「定期メンテナンス」などとの違い

保守点検や設備保全、定期メンテナンスなどの言葉は、どれも基本的に点検を通じて機器・設備を正常な状態に保つことを目的としています。同じ意味合いで使用されることが多く、基本的に違いはありませんが、企業や現場によってはそれぞれの言葉を厳密に使い分けている場合もあります。例えば、異常がなくても定期的に正常な状態になるようメンテナンスをすることを設備保全と呼び、設備に異常が発生した場合の修理を保守と呼ぶようなケースです。

ただし、業務内容の違いはあまりないため、それぞれの言葉の使い分けを意識しすぎる必要はありません。それよりも、どのような目的を持って保守点検や設備保全を行っているのかについて、作業員全員が理解しておくことが大切です。

保守点検のメリット・効果

保守点検の実施は、製造業の現場にどのような効果をもたらすのでしょうか。続いては、保守点検のメリットや効果を解説します。

製造する製品の品質安定化につながる

保守点検を実施することにより、機器・設備の不具合や故障を早期発見できます。その結果、製造過程における不良品の発生率を抑えやすくなり、製品の品質安定化につながります。また、製品の品質が安定することで顧客満足度が向上し、リピーターの獲得や売上のアップが期待できる点もメリットです。

製造業では、4Mの観点で製品の品質管理を行うのが一般的です。4Mとは、製造プロセスに欠かせない4つのMから始まる単語のことで、「人(Man)」「設備(Machine)」「方法(Method)」「材料(Material)」を指します。保守点検は、このうち「設備(Machine)」の動作不良や故障を未然に防ぐ、重要な業務です。

機器・設備にかかる費用が抑えやすくなる

保守点検を定期的に実施することで、機器・設備にかかるコストを抑えやすくなる点もメリットです。例えば、保守点検によって設備の消耗や劣化を把握できれば、適切なタイミングで修理や部品交換が可能になり、メンテナンスにかかる費用を削減できます。また、保守点検により機器の寿命が延びることで、設備投資のコストも抑制することが可能です。日々の点検を通じて設備の状態や寿命を把握しやすくなり、新たな機器の導入計画の策定にも役立ちます。

さらに、保守点検を通じて機器の故障リスクを低減することで、設備の稼働停止による売上の低下や業務負担の増大など、間接的なコストの発生も防ぎやすくなります。

トラブルに対して早急な対処が行いやすい

保守点検に日々取り組むことで、機器・設備に対する知見が深まります。これにより、発生したトラブルや不具合に対して迅速かつ適切な対応が可能です。また、定期的な保守点検を通じて機器の状態を把握できれば、将来の不具合や故障の兆候を察知できる可能性も高まります。異常が生じる前に対策を講じることができ、設備が正常に動作しない時間(ダウンタイム)を最小限に抑えられるでしょう。

保守点検の品質向上・効率化につながるシステム

保守点検の品質安定化や作業効率化を実現するには、ITシステムの導入がおすすめです。検査業務の効率化を図ることができ、現場負担の低減に役立ちます。こちらでは、おすすめのシステムである「i-Reporter」の概要と導入事例をご紹介します。

保守点検における「i-Reporter」の導入事例

製造業を営むA社では、組立工程において不具合が発生した場合の連絡系統に課題を抱えていました。具体的には、作業員から連絡を受けた工程管理者が現地に赴いたうえで状況確認を行う必要があり、不具合の発生から対応までにタイムラグが生じやすくなっていました。

そこで導入されたのが、現場帳票の電子化ソリューションである「i-Reporter」です。「i-Reporter」の導入によって、組立工程で不具合が発生した場合にシステム上で報告書を作成し、すぐに管理者へ共有できる仕組みを構築しました。これにより、管理者が現場から離れた場所にいる場合でも、不具合の発生をリアルタイムで確認でき、迅速な対応が可能になりました。

「i-Reporter」を利用すれば、報告書に現物の写真を載せることも可能なため、より詳細な状況を迅速に伝えられます。また、報告書の送信をメールで通知する機能も搭載されており、伝達漏れを防ぐことが可能です。

保守・点検・メンテナンスの事例集

現場帳票の電子化システム「i-Reporter」

「i-Reporter」は、株式会社シムトップスが提供する現場帳票のペーパーレス化ソリューションです。作業報告書や日報、在庫管理表など製造現場で使用する帳票を電子化し、業務効率の改善を実現します。保守点検における報告書や点検表作成の効率化、作成した書類の管理などに課題を抱えている企業におすすめのサービスです。

「i-Reporter」を導入すれば、タブレットやスマートフォンを使って保守点検を行えます。手書きの場合とは異なり、検査項目が多い場合でも複数の用紙や分厚いファイルを持ち歩く必要がなく、スムーズに点検を実施できます。また、今まで紙やエクセルで使っていた保守点検のフォーマットをそのまま流用できるため、システム導入にともない作業効率が低下する心配もありません。「i-Reporter」の導入をご検討の際は、以下のページよりお気軽にお問い合わせください。

現場帳票の電子化システム「i-Reporter」

i-Reporterはなぜスムーズに現場へ浸透するのか?

保守点検を通じて製造品質の向上と安全な現場環境を実現しよう

今回は、保守点検の概要やメリット、点検作業を効率化するためにおすすめのシステムをお伝えしました。保守点検は、機器・設備の故障や不良品の発生を防ぐ目的で実施される重要な業務です。ITシステムの導入などを通して保守点検を最適化し、安全で効率的な現場環境を構築しましょう。

導入社数3,500社以上!
ペーパレスアプリでの
シェアNo.1

i-Reporter

(アイレポーター)

使い慣れたエクセル帳票から
そのまま移行できる
現場帳票の電子化システム

現場帳票のデジタル化相談してみる