在庫管理の手法や効率的に行うポイント|便利なシステム導入の事例

在庫は、企業にとって大切な資産の一つであり、「棚卸資産」とも呼ばれます。ただし、倉庫に保管されているだけでは利益を生み出さないことから、過剰在庫による劣化や欠品を防ぐために在庫管理が重要です。

本記事では、製造業向けの在庫管理の基本的な知識や実践的な手法、業務を効率化するためのポイントを解説します。また、在庫管理を支援するITシステムもご紹介しますので、企業のご担当者様はぜひ参考にしてください。

在庫管理の基礎知識

製造業の現場では、ECサイトの普及などの影響により多品種少量生産が主流となっており、完成した商品や仕掛品、部品などの在庫数を適切に管理する必要性が高まっています。そこでまずは、在庫管理の概要や実施の目的、重要とされる理由について解説します。

在庫管理とは

在庫管理とは、自社にある原料や製品などの在庫を、必要なときに十分な量を供給できるように適切に管理する活動のことです。適正在庫を確保する目的で実施されます。棚卸しや返品管理などの業務を通して常に在庫状況を把握し、過剰在庫や欠品の発生を防止する仕組みです。

在庫管理とよく似た言葉に「倉庫管理」があります。在庫管理は、倉庫だけでなく実店舗も含めて入出荷量を管理し、適正な在庫を確保するのに対して、倉庫管理は倉庫内の商品や部品、人員の配置などを管理する業務です。両者は業務の範囲や目的に違いがあるものの、密接に関連しています。そのため、効果的な在庫管理を実現するためには、倉庫管理システム(WMS)の導入などを通して倉庫管理業務の品質も高める必要があります。

在庫管理の重要性

生産性向上が期待できる

在庫管理が適切に行われると、生産性の向上が期待できます。ピッキング時に必要な在庫をすぐに見つけやすくなり、生産ラインの停滞を防ぐことが可能になるためです。適正な在庫量を維持することで、部品の在庫切れや余剰在庫が発生するリスクを最小限に抑えられるため、無駄の少ない効率的な生産を実現できます。

さらに、生産性の向上は、作業品質の安定やリードタイムの短縮、人手不足の解消などのメリットもあります。これにより、自社の企業イメージのアップや顧客満足度の向上につながり、国内外における競争力の確保も見込めるでしょう。

キャッシュフローの改善に役立つ

在庫管理によって適正在庫を維持できれば、キャッシュフローの改善にも役立ちます。余剰在庫が減少することで、在庫にかかるさまざまなコストを削減できるためです。具体的には、人件費や保管場所の家賃、不良在庫の廃棄費用、光熱費などの削減が期待できます。

また、在庫量の適正化によって空いた倉庫スペースを有効活用することで、自社の生産能力をさらに高めることも可能です。新たな設備を導入して製品の生産量を増やす、荷捌きのスペースを設けて業務効率を高めるなどの方法が考えられます。

利益の最大化が見込める

適正な在庫管理によって在庫不足を解消することで、顧客に対して常に商品を提供できるようになります。これにより、販売機会の損失を減らし、利益の最大化と企業成長の促進が期待できます。また、商品の安定供給は顧客満足度を向上させ、リピーターの獲得にも寄与するでしょう。

在庫管理の手法

在庫管理は、業界や業種ごとにさまざまな手法が採用されています。自社が取り扱う製品の性質や倉庫スペースに応じて適切なものを選択することが大切です。こちらでは、製造業で導入されることの多い在庫管理の手法について、それぞれの特徴やメリット、注意点を踏まえて解説します。

ロケーション管理

ロケーション管理とは、製品や原材料などの在庫と保管する場所を関連付けて管理する手法です。固定ロケーションとフリーロケーションの2種類があり、倉庫の規模や構造、在庫状況に応じて適切な方法を選択する必要があります。

固定ロケーションは、製品や部品ごとに専用の保管場所を割り当てる考え方です。例えば、部品Aは棚Aに、製品Bは棚Bに必ず保管されます。在庫の保管場所が明確なため、在庫量を簡単に把握でき、スタッフが迷わずにピッキング作業を行いやすいというメリットがあります。しかし、部品Aの入荷がなければ棚Aは使用できないことから、デッドスペースが生じやすい点がデメリットです。

フリーロケーションは、在庫の入庫時に保管場所を決定する管理方法を指します。入庫して初めて置き場所が決まるため、在庫量の変動に柔軟に対応でき、スペースの有効活用が可能です。ただし、保管場所が固定されていないため、出荷作業時にスタッフが商品を探す手間がかかるデメリットがあります。この課題を解決するために、フリーロケーションではハンディターミナルの導入やバーコード管理を行い、在庫情報を正確に記録・共有する仕組みを整備するのが一般的です。

ABC分析

ABC分析は、在庫品目を価値別に分類し、管理の手間やコストを最適化する手法です。具体的には、在庫を管理の重要度に応じてA品・B品・C品に分け、それぞれの品目に対して適切な管理方法を選択します。例えば、A品にはより厳密な管理を行い、C品には緩やかな管理を行うことで、全体の在庫管理コストの最適化につながります。品目ごとの重要度は、在庫金額や売れ行き、回転率、需要予測などのデータを比較して判断するのが基本です。

ただし、ABC分析を実施する際、季節商品を多く取り扱っている場合は注意しましょう。季節商品は短期間で多くの売上があがるものの、季節を外れると売上が大きく低下します。そのため、ABC分析で品目ごとの価値を判断する際、季節商品が正しく評価されず、優先度が低くなる可能性があります。全体の売上構成比に対する値が小さい商品であっても、季節商品などは在庫管理の優先度を高めに設定しておくのがおすすめです。

現品管理

現品管理とは、どの在庫がどこに、どのくらい保管されているのかを共有する管理手法を指します。在庫管理ソフトなどを活用して各品目の保管場所や状態、数量を共有することで滞留時間を短縮し、商品の劣化の防止や廃棄にかかるコスト削減などが可能です。製造業の現場では、完成品や原材料、部品、仕掛品などが現品管理の対象となります。

現品管理を実施するうえで重要なのが3Sです。3Sは、「整理」「整頓」「清掃」のSから始まる3つの単語を表す言葉です。倉庫内を整理・整頓し、常に清潔な状態を維持することで、現品管理をスムーズに行いやすくなります。

入出庫管理

入出庫管理は、在庫品目ごとの仕入れや出庫、移動などの履歴を記録し、在庫の最新状態を常に把握する手法です。在庫管理アプリや手書きの在庫管理表などを活用して、入出庫情報をリアルタイムで更新します。これにより、在庫状況を正確に把握でき、適切な在庫管理が可能になります。

また、在庫状況が可視化されることで、適切なタイミングで発注や在庫の補充を行いやすくなり、過剰在庫や欠品のリスクを軽減できる点もメリットです。ただし、入力ミスや計算間違いがあると在庫データを正しく管理できなくなるため、ダブルチェックなどで対策する必要があります。

先入れ先出し

先入れ先出しとは、在庫管理の基本原則の一つで、入庫した順番で在庫を出庫する方法です。「First-In First-Out」の頭文字から「FIFO」とも呼ばれます。先入れ先出しのメリットは、在庫の滞留や劣化を防ぎやすくなる点です。特に、賞味期限や消費期限のある商品を扱う企業では、この方法を徹底することで、商品の品質維持や廃棄ロスの削減につながります。ただし、先入れ先出しを実践するには、新しい在庫の入荷時に古い在庫をすべて棚から取り出す必要があり、作業の手間が増えるのが欠点です。

在庫管理を効率的に行うポイント

在庫管理の作業効率を高めるには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。こちらでは、在庫管理を効率化するうえでのコツやポイントを解説します。

管理環境の見直し

在庫管理の効率化に取り組む際は、まず管理環境の見直しから始めるのがおすすめです。現在の在庫管理の状況を正しく理解することで、改善が必要な部分や新たな取り組みが可能な点が明確になります。倉庫の広さや在庫管理を担当する人員の数、導入している管理ツールの運用状況などを詳細に調査しましょう。また、現場からの意見やフィードバックを取り入れることで、現実に即した効果的な改善策を立てやすくなります。

情報の共有

在庫管理を効率的に行うためには、管理や販売、製造などの各部門で在庫の情報を連携することが重要です。これにより、売上や仕入れ、生産計画などのデータを基に適切な在庫調整が可能になります。情報共有の方法をルール化し、定期的なミーティングや報告を行うことで、在庫管理の効率化を実現できるでしょう。また、クラウド型の在庫管理システムや在庫管理機能を搭載した基幹システムを活用すれば、リアルタイムでの情報共有が可能となり、さらなる効率化が期待できます。

発注方法の見直し

在庫管理の効率化には、発注方式の見直しを行うのも良い方法です。自社の在庫状況に合わせた発注方式に変更することで、適正在庫を維持しやすくなります。製造業における発注方式には、一定期間ごとに発注を行う「定期発注方式」と、在庫が一定量に達した際に発注を行う「定量発注方式」の主に2種類があります。

表計算ソフトなどで在庫管理

エクセルなどの表計算ソフトを在庫管理に利用する会社も少なくありません。エクセルなどのオフィスソフトはすでに導入済みの会社が多く、導入コストを抑えやすい、社内でのスキルやノウハウの共有が容易といったメリットがあります。ただし、表計算ソフトを使用した在庫管理では、人的ミスやデータの共有性、セキュリティ面などの課題がある点に注意が必要です。

在庫管理システムで業務を効率化した事例

表計算ソフトを使った在庫管理は、在庫の種類や数が増えてくると管理が難しくなります。手入力の不備や計算間違いなどにより、帳簿上の在庫数と実在庫にズレが生じるリスクもあります。そのような事態を防ぐには、帳票の電子化システムを活用して業務を効率化するのがおすすめです。こちらでは、電子帳票システムの導入メリットやおすすめのサービスをご紹介します。

電子帳票システムの導入によって得られる効果

電子帳票システムを導入すると、紙ベースの帳票管理と比較してデータの入力や検索が容易になり、作業の効率化が期待できます。在庫データをシステム上で一元管理することで、異なる部門間での情報共有もスムーズに行いやすくなります。

また、電子帳票システムにはデータ入力を補助する機能も搭載されており、入力ミスや記入漏れなどの人的ミスの削減も可能です。データの保存やバックアップも簡単に行えるため、重要なデータを失うリスクを減らせます。

さらに、電子帳票システムには多くの在庫データが蓄積されます。これらのデータを分析することで、在庫管理の最適化が可能です。過剰在庫や欠品のリスクを軽減でき、利益の最大化を実現できます。

現場帳票の電子化システムなら「i-Reporter(アイレポーター)」が便利

現場帳票の電子化システムの導入をご検討の場合は、「i-Reporter」をおすすめします。表計算ソフトで使用していた帳票を、そのままのレイアウトで電子帳票にできるサービスです。現場の社員が使い慣れた表計算ソフトと連携が可能なため、難しい操作説明をすることなく現場に導入できます。既存の帳票ファイルやデータをシステム内に取り込めば、ペーパーレス化による印刷コストや書類の保管スペースの削減にも役立ちます。

「i-Reporter」による在庫管理の効率化に興味がある場合は、無料でダウンロードできる資料をご用意していますので、下記のページよりお問い合わせください。


現場帳票の電子化システム「i-Reporter」

「i-Reporter」の導入事例

出庫の管理作業の削減事例

在庫管理を最適化して業務効率化と利益の拡大を実現しよう

今回は、製造業における在庫管理の重要性や手法、効率化のポイントについて確認しました。在庫管理は、余剰在庫による管理コストの増大や欠品による機会損失を防ぐために重要な業務です。特に、取り扱う商品の量が増えると管理が煩雑になり、大きなミスやトラブルにつながるリスクが高まります。電子帳票システムの導入などを通して在庫管理を最適化し、業務効率化と売上の向上を実現しましょう。

【物流業界の生産性と作業精度向上に貢献】
現場帳票電子化ソリューション「i-Reporter」で、現場作業の効率化を実現!
・大量のスキャン作業もスピーディに対応、読込み時間の大幅削減
・多様な作業員でも使いやすい直感操作で、誰もが高精度の業務を実行
・未経験者の迅速な育成をサポート、直感的なデジタル帳票で作業ミス減少

【i-Repo Scanについて】
iPhoneやiPadを用いて、複数バーコードを一括・連続スキャンできるアプリケーションです。
在庫管理業務(棚卸、入出庫、ピッキング等)の効率化や、誤投入や誤配送を防止します。
バーコードの読み取り画面はExcelを用いて簡単に作成できます。
読み取りデータを在庫管理システム等とリアルタイム連携することも可能です。

▼i-Repo Scanの特徴5選
①大量のバーコード読み取り作業を超高速化!複数のバーコードを一括&連続で読み取れる
②条件に一致しないバーコードを判別!作業のミスを防止
③大量のバーコードでも読み取り漏れをゼロに!読み取り済みのバーコード上には数字を表示
④在庫棚卸や入出庫など、数量を正確かつ効率的にカウントするための専用UI
⑤専用のハンディターミナル不要
⑥全世界で革新的バーコードソリューションを提供するSCANDIT社 との共同開発だから高速&高精度

▼i-Repo Scanサイト
https://i-reporter.jp/scan/

複数バーコードを一括&連続で読み取る「i-Repo Scan」の資料ダウンロードはこちら

導入社数3,800社以上!
ペーパレスアプリでの
シェアNo.1

i-Reporter

(アイレポーター)

使い慣れたエクセル帳票から
そのまま移行できる
現場帳票の電子化システム

3分で分かる資料ダウンロード

現場帳票のデジタル化相談してみる