店舗マネジメントとは?目的や求められるスキル、成功のポイント

店舗マネジメントとは、店舗の経営を円滑にするために行う管理業務のことです。
例えば、店舗経営者は売上管理のほか、店舗スタッフの採用や研修、商品の仕入れや在庫管理など多様な業務を担います。これらは企業の業績や利益とも関わる重要な業務です。

この記事では、店舗マネジメントの基礎知識を解説します。店舗マネジメントの目的や、具体的な仕事内容、成功へ導くポイントなどをお伝えするため、店舗マネジメントの責任者の方はぜひ参考にお読みください。

店舗マネジメントの目的

初めに、店舗マネジメントを行う目的を解説します。マネジメントは店舗経営を支える重要な業務です。どんな視点で取り組むべきか把握しておきましょう。

業績や利益の向上

運営会社が店舗マネジメントに取り組む主な目的は、企業の業績や利益を向上させることです。店舗マネジメントでは、売上増加の施策や、仕入れ・在庫管理の最適化に取り組むことで、収益アップを目指します。業績や利益を高めるためにも、一つひとつの店舗の状況を改善することが大切です。

業務と人材の管理

運営会社の業績や利益を向上させるには、経営する店舗の業務と人材の管理が不可欠です。各従業員が能力を発揮して生産性を高め、効率的に業務を遂行できる状態を整える必要があります。そのためにも、店舗マネジメントでは現場の業務改善やスタッフの管理などに取り組みます。

店舗マネジメントの主な仕事内容

ここでは、店舗マネジメントでの具体的な業務内容をご紹介します。店舗マネジメントで管理すべき情報を確認し、スムーズな営業の仕組みを整備しましょう。

人材育成と管理

店舗の管理者は、人材育成と人材管理を担います。従業員の採用と研修、現場での指導や教育などに対応します。このほかに、店舗を運営するためのアルバイトスタッフのシフト調整など、勤怠管理も主な仕事の一つです。

売上管理

売上管理とは、店舗全体の売上データを管理して、分析によって経営に役立てる業務です。店舗の管理者は、各店舗の売上状況に基づいて目標設定を行います。データ分析によって現状の問題と要因を明確にして、目標達成を目指します。

仕入れ管理

仕入れ管理では、販売する商品や原材料を適切に仕入れることで、店舗の利益を最大化します。見積や発注対応のほか、検収も担います。仕入れた商品の状態に問題がないか、数量や価格が発注データの通りであるか、正確に確認することが大切です。

在庫管理

在庫管理は、店舗の在庫量を適正に保つために管理する業務です。在庫量が過剰になると無駄な維持コストが発生し、その一方で在庫量が不足すると販売の機会損失が発生するおそれがあります。在庫量の過不足をなくし、利益の最大化につなげます。

店舗マネジメントに求められる主なスキル

店舗マネジメントを担う管理職には、以下のスキルが求められます。適切な指示によって組織を導くために、マネジメント力の向上を目指しましょう。

経営スキル

店舗を経営するには、経営戦略や財務会計などに関する専門知識が欠かせません。経営目標を達成するための戦略を立てて、適切な対策を実行する必要があります。また、財務会計の知識を生かして、店舗の経営状況を正確に把握することも重要です。

人材マネジメントスキル

店舗経営者には、各店舗の運営で戦力となる従業員を育成するスキルが求められます。教育指導を通じた接客スキルの向上や、キャリアアップのサポート、面談などの人材マネジメント全般を担います。店舗スタッフの成長を促すことで、顧客満足度の向上が期待できるでしょう。

コミュニケーションスキル

店舗マネジメントでは、本部と店舗間の情報共有が重要となります。そのため、管理者は周囲と連携を取りながら、現場の課題の解決策を導き出せるコミュニケーション能力が求められます。その際は、各店舗の従業員に限らず、取引先や顧客との関係性も構築する必要があるでしょう。

マーケティングスキル

店舗を安定的に経営するためにも、市場トレンドや顧客ニーズをリサーチするマーケティングスキルが必要です。市場調査によって入手したデータを分析し、市場の動きや消費者の要望を反映させることで、店舗の売上増加につなげることが可能です。

店舗マネジメントを成功させるポイント

店舗マネジメントを成功へ導くためには、以下のポイントを押さえて施策に取り組むと効果的です。必要に応じて店舗管理システムを活用する方法もおすすめします。最後に、店舗マネジメントを成功へ導くポイントをお伝えします。

戦略を立てる

各店舗から収集したデータを分析して、経営戦略・販売戦略・人材戦略などを立案しましょう。店舗の内部環境や外部環境、市場や顧客などの現状を分析することで、課題を特定できます。数値データに基づいて検証と改善を繰り返すのがポイントです。

チームワークを強化する

店舗の従業員同士のコミュニケーションを促し、店舗内のチームワークを強化しましょう。店舗運営では限られた人員で業務を担うことになるため、現場の連携が不可欠です。例えば、朝礼や終礼で会話のきっかけを作り、相談しやすい環境を整えると良いでしょう。

業務を効率化する

現場の業務を効率化することも大切です。例えばペーパーレス化を推進すると、インターネット上でマニュアルや資料を効率的に共有できます。また、本社との会議をWEB会議に切り替えれば、担当者の移動にかかる時間と費用を削減しながら、効率的な業務連絡を実現可能です。

管理システムを利用する

昨今は現場の業務を大幅に効率化するITツールが浸透しつつあります。管理システムを導入して業務を電子化すると、管理者の生産性向上が期待できるでしょう。システム上で各種データを一元管理することで、店舗間の連携が強化されます。

以下の関連記事では、業務管理に役立つ管理表の作成方法について詳しく解説しています。管理ツールの導入を検討されているご担当者様は、ぜひ本記事と併せてご一読ください。

店舗マネジメントを強化して業績・利益の向上を目指しましょう!

ここまで、管理者が理解しておきたい店舗マネジメントの基礎知識をお伝えしました。店舗マネジメントは、運営会社の業績や利益と関わる重要な業務です。マネジメントを成功へ導くには、戦略立案やチームワーク強化に取り組むほか、システム導入による業務効率化を検討すると良いでしょう。その際は、現場の書類を電子化して本社と店舗の情報の一元管理を実現できる「i-Reporter」がおすすめです。

「i-Reporter」を導入すると、店舗の在庫管理や品質検査などで用いられるあらゆる書類を電子化できます。紙の書類を電子化することで、店舗管理の効率化に貢献します。作成した書類はリアルタイムで本社と共有可能です。複数店舗を経営するケースでは、本社と店舗間のスムーズな連携を実現します。

【小売業界の作業精度と生産性向上へ】
電子帳票システム「i-Reporter」で店舗の業務をスムーズに!
・各店舗の在庫や売場の情報もリアルタイムで確認可能
・帳票を紙から電子化→報告のラグ削減、転記ミスの減少
・生産管理、点検、巡回、在庫管理を一括デジタル化


→現場帳票電子化システム「i-Reporter」の資料をダウンロードはこちら

導入社数3,800社以上!
ペーパレスアプリでの
シェアNo.1

i-Reporter

(アイレポーター)

使い慣れたエクセル帳票から
そのまま移行できる
現場帳票の電子化システム

3分で分かる資料ダウンロード

現場帳票のデジタル化相談してみる