在庫数はどのように管理する?在庫管理の課題とポイント

製造業における物流・倉庫業務では、多くの現場で在庫数の管理が課題となっています。
「適正な在庫数を保つのが難しい」「人的ミスが多い」といった課題を抱えているご担当者様もいらっしゃるでしょう。この記事では、そんな在庫数の管理に関する基礎知識をお伝えします。

在庫管理業務でよくある課題や、在庫数を適正に保つポイントを解説します。システム導入で現場の管理業務を改善する方法にも触れるため、ぜひ参考にお読みください。

適正な在庫数とは?

在庫管理の担当者の方は、自社の在庫量をどの程度に保つべきかお悩みになるケースが少なくありません。まずは、適正在庫の考え方から確認してみましょう。

そもそも適正在庫とは、過剰在庫や欠品を出さない最小限の在庫数のことを指します。このように適正な在庫数を維持できれば、過剰在庫を防いでリスク軽減につながり、また欠品を避けて売上向上が期待できるでしょう。在庫の保管スペースや管理コストを削減したり、適切な発注量を瞬時に判断したりできるのもメリットです。

適正在庫の算出方法には、複数のパターンがあります。なかでも「安全在庫(=欠品防止のために最低限確保する在庫数)」と「サイクル在庫(=次回の発注までに消費される在庫数の半分)」を足して算出する方法が一般的です。このほかにも、「在庫回転率」や「在庫回転期間」などを用いた計算式で算出する方法もあります。

なお、在庫管理とよく似た用語として「商品管理」が挙げられます。以下の関連記事では、在庫管理と商品管理の違いや、具体的な管理方法について解説しています。在庫管理の基礎知識と併せて、ぜひこちらも参考にしてみてください。

在庫数を管理する際の課題

在庫数の管理に関して、以下のような課題を抱えていないでしょうか。在庫管理業務では正確さが重要となるため、可能な限りヒューマンエラーのリスクを避けられると理想的です。ここでは、在庫数の管理でよくある課題をご紹介します。

ミスを防止するのが難しい

在庫管理業務では、担当者が在庫数を数えたり、データを手入力したりする際にヒューマンエラーが発生する可能性があります。在庫数が増えれば増えるほど、担当者の業務負荷が高まり、人的ミスを防ぐのが難しい傾向にあるのが注意点です。こうしたミスが課題となっている場合は、従来の管理方法を見直すなどの対策が求められます。

在庫数の過不足が発生してしまう

従来の管理方法で適正な在庫数を保つのが難しいケースもあるでしょう。過剰在庫や欠品が発生すると、企業側はさまざまな損失が懸念されます。在庫数が過剰になると、商品の保管や廃棄でコストが発生します。一方、在庫が不足して欠品の状態が続けば、販売機会を失うだけでなく、顧客満足度の低下につながりかねないため注意が必要です。

在庫数を適正に保つポイント

在庫状況を適正に保つには、管理業務で以下のポイントに留意しておくと良いでしょう。最後に、在庫管理業務で在庫数を適正に保つポイントを解説します。

棚卸し作業の精度を上げる

正確な在庫管理を実現するためにまず重要なのは、棚卸し作業の精度を向上させることです。日常的に正しい方法で棚卸しを行うことで、過剰在庫や欠品が発生するのを防げます。棚卸し作業には、在庫数を把握する役割のほかに、自社の資産を評価したり、期末に利益の金額を確定したりする役割もあります。また、製品の盗難を防ぐ内部統制の観点でも、正確さが重視される作業です。現状の管理方法を見直して、棚卸し作業の課題を改善へ導きましょう。

以下の関連記事では、正しい棚卸し作業を行うために役立つ知識をご紹介しています。棚卸しの方法や、棚卸資産の計算方法などを解説しているため、本記事と併せてぜひお読みください。

入出庫管理を行う

入出庫管理とは、倉庫への入庫と出庫を管理する業務です。倉庫の荷物を正しく受け入れて、正しく払い出すために行われます。管理業務では、商品名・入庫数・出荷数・在庫数などのデータを登録する必要があります。倉庫内の在庫数は入庫・出庫にともない常に変化するため、リアルタイムで数値を把握できると安心です。

以下の関連記事では、入出庫管理の基礎知識をご紹介しています。在庫数を正確に管理するために入出庫管理に取り組む際は、ぜひ参考にしてみてください。

在庫管理表を作成する

在庫管理表とは、自社で取り扱っている商品の在庫数を把握するための管理表のことです。商品の基本情報や入出荷の日時、数量などを表に記録して管理します。管理表を運用することで、在庫数を正確に管理しやすくなるため、自社の管理方法に合わせたフォーマットで作成すると良いでしょう。

以下の関連記事では、在庫管理表の作成方法や運用時の注意点、テンプレートなどをご紹介しています。新たに在庫管理表を作成するご担当者様は、ぜひお役立てください。

在庫削減を行って在庫数を見直す

在庫数が多いと担当者の業務負荷が高まります。そのため、需要数に応じて最小限の在庫数に留め、無駄な在庫を減らすのも一つの手です。在庫削減では、需要に対して適切な商品数になるよう、在庫数の見直しを行います。業務負担を軽減するために、調整を検討してはいかがでしょうか。

在庫削減の具体的な取り組み方については、以下の関連記事で解説しています。現状の在庫数を削減する必要性を感じたら、こちらの記事も参考にしてみてください。

在庫数を管理するシステムを導入する

在庫管理にITシステムを導入することで、現場の業務効率化が期待できます。業務を自動化することで作業効率を高め、人的ミスを防止することが可能です。例えば、バーコードの読み取りによって在庫数を管理する方法なら、棚卸し作業のスピードアップとミス防止につながります。また、複数の業務システムを連携させればデータの手入力が不要となるのも魅力です。

在庫数に関する課題はシステム導入で改善を目指しましょう!

ここまで、在庫数の管理に関する基礎知識をお伝えしました。在庫数を管理する際、人的ミスや在庫数の過不足にお悩みなら、システム導入で改善を目指すのも一つの手です。
製造業の物流・倉庫業務の課題を解決するなら、複数バーコードを一括&連続で読み取れる「i-Repo Scan」をおすすめします。

【物流業界の生産性と作業精度向上に貢献】
現場帳票電子化システム「i-Repo Scan」で、現場作業の効率化を実現!
・大量のスキャン作業もスピーディに対応、読込み時間の大幅削減
・多様な作業員でも使いやすい直感操作で、誰もが高精度の業務を実行
・未経験者の迅速な育成をサポート、直感的なデジタル帳票で作業ミス減少

【i-Repo Scanについて】
iPhoneやiPadを用いて、複数バーコードを一括・連続スキャンできるアプリケーションです。
在庫管理業務(棚卸、入出庫、ピッキング等)の効率化や、誤投入や誤配送を防止します。
バーコードの読み取り画面はExcelを用いて簡単に作成できます。
読み取りデータを在庫管理システム等とリアルタイム連携することも可能です。

▼i-Repo Scanの特徴5選
①大量のバーコード読み取り作業を超高速化!複数のバーコードを一括&連続で読み取れる
②条件に一致しないバーコードを判別!作業のミスを防止
③大量のバーコードでも読み取り漏れをゼロに!読み取り済みのバーコード上には数字を表示
④在庫棚卸や入出庫など、数量を正確かつ効率的にカウントするための専用UI
⑤専用のハンディターミナル不要
⑥全世界で革新的バーコードソリューションを提供するSCANDIT社 との共同開発だから高速&高精度

▼i-Repo Scanサイト
https://i-reporter.jp/scan/

導入社数3,800社以上!
ペーパレスアプリでの
シェアNo.1

i-Reporter

(アイレポーター)

使い慣れたエクセル帳票から
そのまま移行できる
現場帳票の電子化システム

3分で分かる資料ダウンロード

現場帳票のデジタル化相談してみる