倉庫管理とは?業務の内容やよくある課題、効率化の方法

物流倉庫でのピッキングや出荷作業にミスが多く、業務改善でお悩みではないでしょうか。多数の商品を扱う倉庫では、作業が煩雑になりやすいといえます。限られた人員で倉庫業務を正確にこなすためにも、業務効率化の施策に取り組みましょう。

本記事では、倉庫業務をマネジメントする「倉庫管理」について解説します。倉庫管理の基本から、よくある課題、業務効率化の方法までお伝えするため、ぜひお役立てください。

倉庫管理とは

倉庫管理とは、倉庫内で行う業務のマネジメントを行うことです。具体的には、物流倉庫の荷物・人員・設備などを効率的かつ正確に管理する業務を指します。初めに、倉庫管理の目的や業務内容などの基礎知識をお伝えします。

倉庫管理の目的

倉庫管理には、倉庫を適切に管理することで物流現場における出荷や配送の作業ミスを防止する目的があります。倉庫の管理方法に問題があると、在庫情報の連携不足によって出荷に遅延が生じたり、作業効率の低下やミスを招いたりと、さまざまなトラブルが懸念されます。サービス品質を維持するためにも、倉庫管理の業務から物流改善に取り組むことが大切です。

倉庫管理の重要性

倉庫管理を徹底すると、倉庫内の在庫管理の効率化および適正化が期待できます。在庫量の把握や保管場所の整理整頓によって、スムーズな出荷作業を実現します。また、ITシステムを利用して膨大な受発注データを一元管理することで、倉庫における誤配送のミスを防止できるのもポイントです。発注を受けた際に迅速かつ正確に配送できる体制を整備できます。

倉庫管理の対象となる業務

入庫

入庫作業では、倉庫に運ばれてきた荷物を搬入して、入庫伝票と照合します。また、搬入された荷物の検品を行い、仕分けして保管します。

出庫

出庫作業では、倉庫内で保管されている荷物をピッキングして、検品を行います。検品が完了したら荷物を梱包して、出荷伝票と照合して発送します。

在庫管理との違い

在庫管理とは、倉庫の内外にある在庫状況を把握し、製品を円滑に供給できる状態を保つ業務です。需要に合わせて在庫の量を管理することで機会損失を防止し、利益の増加を図ります。それに対して、倉庫管理ではあくまでも倉庫内の在庫が管理対象となるのが主な違いです。

倉庫管理の課題

多くの企業が現場の倉庫業務で以下のような課題を抱えています。倉庫内作業で人手不足や人的ミスが発生している状況なら、業務効率化の施策を検討すると良いでしょう。ここでは、倉庫管理でよくある課題をご紹介します。

人手不足

近年はECサイトの普及にともないネットショップの利用者が多くなり、物流センターをはじめとした物流業界のサービスの需要が急増しています。その一方で、少子高齢化を背景に社会全体が慢性的な人手不足となり、多くの倉庫で必要な人員の確保が困難となっています。こうした状況を改善するためにも、倉庫業務の効率化に取り組み作業の無駄をなくすとともに、倉庫内の省人化を推進することが不可欠だといえるでしょう。

ヒューマンエラー

倉庫業務では出荷ミスの低減が大きな課題となっています。倉庫を運営するには多くの人手が必要で、かつ作業内容も多岐にわたることから、さまざまなタイミングでヒューマンエラーが発生する可能性があります。ミスによる過剰在庫や欠品が企業の損失につながるおそれがあるほか、配送の遅延で顧客満足度を低下させるリスクもあるでしょう。倉庫内の情報を適切に管理して、できるだけ作業ミスが起こりにくい環境を整えることが重要です。

作業の属人化

倉庫管理のノウハウが特定の人材に集中している場合も注意が必要です。業務の知識やスキルを有する経験豊富な人材のみに依存して倉庫管理を行っていると、作業が属人化するおそれがあります。属人化が進行すると、特定の人材の欠勤や異動、退職によって現場の運営が停滞するリスクがあります。倉庫管理の仕事量が多く、担当者が人材育成の時間を確保できないと、従業員の育成が困難になりがちです。効率化や自動化による業務負担の軽減が求められます。

倉庫管理を効率化する方法

最後に、倉庫管理を効率化する方法を解説します。専用の機器やシステムを活用して既存の業務を効率化・自動化するのも一つの手です。自社の物流業務を改めて見直して、業務改善を実現しましょう。

ピッキングリストの作成

ピッキングの作業指示を記載した「ピッキングリスト」を作成する方法です。ピッキングリストをチェックすることで、商品の種類・在庫数・保管場所などのデータを速やかに確認できます。作業員が出荷する商品を効率的に探せるようになり、作業スピードの向上が期待できます。

ロケーション管理の実施

ロケーション管理とは、倉庫内の物の保管場所を管理して、何がどこに保管されているのかを把握することです。ロケーション管理に取り組むと倉庫内で必要な物をスムーズに探せる状態になります。その際、物の保管方法には「固定ロケーション」「フリーロケーション」「ダブルトランザクション」などの種類があります。

一つ目の固定ロケーションは、物の種類別に保管場所を固定する置き方です。二つ目のフリーロケーションは、空いている場所に物を保管する置き方です。フリーロケーションは固定ロケーションよりも保管効率が高い反面、管理が煩雑になりやすい点がデメリットだといえるでしょう。三つ目のダブルトランザクションは、エリアによって固定ロケーションとフリーロケーションを使い分けます。ピッキングエリアの物は固定ロケーションで保管し、ストックエリアの物はフリーロケーションで保管するのが特徴です。

倉庫レイアウトの改善

現状の倉庫レイアウトを見直し、作業員が効率的にピッキングしやすいレイアウトに変更する方法です。まずは入庫から出庫までの流れを見直し、作業員の動線を確認します。その後、作業員が最短距離で移動できる動線や、商品の配置、作業スペースなどを設計しましょう。

マテリアルハンドリング機器(マテハン機器)の導入

倉庫にマテリアルハンドリング機器(マテハン機器)を導入する方法です。マテハン機器には、物流のさまざまな作業を効率化・自動化する機能が搭載されています。例えば、大量の物をまとめて運搬する「パレット」と「フォークリフト」、仕分けを自動化する「ソーター」などが挙げられます。手作業の手間を削減し、倉庫内の作業を効率化することが可能です。

倉庫管理システム(WMS)の導入

倉庫管理システム(WMS)は、倉庫管理を効率化するシステムです。倉庫内の入出庫や在庫の数量などの幅広いデータをリアルタイムで管理できます。データの一元管理によって倉庫のロケーション管理を効率化します。倉庫内の詳細な状況が可視化され、効率化により作業時間を短縮できることから、管理業務のコスト削減に効果的です。

倉庫管理の効率化で物流改善を目指しましょう!

今回は、倉庫管理の基礎知識から、効率化する方法まで解説しました。倉庫業務を効率化するには、ピッキングリスト作成やロケーション管理などに取り組むほか、機器やシステムを導入する対策が有効です。倉庫・物流業務を省人化・効率化するなら、複数バーコードを一括&連続で読み取る「i-Repo Scan」がおすすめです。

【物流業界の生産性と作業精度向上に貢献】
現場帳票電子化システム「i-Repo Scan」で、現場作業の効率化を実現!
・大量のスキャン作業もスピーディに対応、読込み時間の大幅削減
・多様な作業員でも使いやすい直感操作で、誰もが高精度の業務を実行
・未経験者の迅速な育成をサポート、直感的なデジタル帳票で作業ミス減少

【i-Repo Scanについて】
iPhoneやiPadを用いて、複数バーコードを一括・連続スキャンできるアプリケーションです。
在庫管理業務(棚卸、入出庫、ピッキング等)の効率化や、誤投入や誤配送を防止します。
バーコードの読み取り画面はExcelを用いて簡単に作成できます。
読み取りデータを在庫管理システム等とリアルタイム連携することも可能です。

▼i-Repo Scanの特徴5選
①大量のバーコード読み取り作業を超高速化!複数のバーコードを一括&連続で読み取れる
②条件に一致しないバーコードを判別!作業のミスを防止
③大量のバーコードでも読み取り漏れをゼロに!読み取り済みのバーコード上には数字を表示
④在庫棚卸や入出庫など、数量を正確かつ効率的にカウントするための専用UI
⑤専用のハンディターミナル不要
⑥全世界で革新的バーコードソリューションを提供するSCANDIT社 との共同開発だから高速&高精度

▼i-Repo Scanサイト
https://i-reporter.jp/scan/

複数バーコードを一括&連続で読み取る「i-Repo Scan」の資料ダウンロードはこちら

導入社数3,800社以上!
ペーパレスアプリでの
シェアNo.1

i-Reporter

(アイレポーター)

使い慣れたエクセル帳票から
そのまま移行できる
現場帳票の電子化システム

3分で分かる資料ダウンロード

現場帳票のデジタル化相談してみる