売り場のディスプレイを工夫する重要性|陳列方法、商品を並べるコツ

店舗ビジネスでは売り場のディスプレイが売上に影響を与えます。まずは顧客がスムーズに買い物できるようなディスプレイを設計することが大切です。さらには、商品の陳列方法に工夫することで、顧客へ意図的にアピールすることもできます。そこで本記事では、売り場のディスプレイに工夫する重要性や、おすすめの陳列方法、商品を並べるコツをご紹介します。ディスプレイのご担当者様は、ぜひ参考にお役立てください。

売り場のディスプレイを工夫したほうが良い理由

売り場のディスプレイに工夫すると、顧客満足度や店舗のブランドイメージに対してさまざまな効果が期待できます。初めに、ディスプレイの重要性について解説します。

顧客満足度に影響するため

売り場のディスプレイが整っていると、来店した顧客が快適に買い物できるようになります。「商品が選びやすい」「買い物が楽しい」といった印象を消費者に与えられるのがメリットです。顧客満足度が高まり、売上向上につながります。

店のブランドイメージ向上に貢献するため

商品が綺麗に並べられた売り場は、顧客にポジティブな印象を抱かせます。ディスプレイの雰囲気を通じて清潔感や信頼感などの良いイメージを与えることが可能です。店舗のブランドイメージ向上にも貢献すると考えられています。

売り場のディスプレイを作る基本的なテクニック

続いて、売り場のディスプレイを作る基本的なテクニックを解説します。ディスプレイの改善でお悩みの方は、ぜひ以下の手法をご活用ください。

テーマを設定する

ターゲットの年齢層やライフスタイルなどに合わせてディスプレイの明確なテーマ設定を行います。コンセプトに沿って装飾や陳列棚に一貫性をもたらすと、ターゲット層の顧客が居心地の良さを感じやすくなります。

グルーピングを行う

関連する商品をまとめて陳列する方法を「グルーピング」と呼びます。グルーピングによって顧客が求める商品の場所をスムーズに探しやすくなり、より快適に買い物ができるようになります。

商品のフェイスを揃えて見やすく並べる

商品パッケージの正面部分を「フェイス」と呼びます。メーカーが商品の名前や特徴が伝わるようデザインしている部分なので、フェイスが見えるように設置することが大切です。これにより顧客が商品を選びやすくなります。

配色ルールを意識する

ディスプレイの配色は売り場の印象を大きく左右するポイントです。例えば、色相環上で近い位置にある色同士を組み合わせると統一感を出せます。その反対に、遠い位置にある色同士を組み合わせると、色を目立たせる効果が期待できます。こうした配色の効果を売り場作りやポップ作成に取り入れると良いでしょう。

動線を意識する

ディスプレイでは顧客が売り場をどのように移動するかを意識して動線を設計しましょう。適切な動線が確保されていると、スムーズに買い物できます。一方、動線が悪いと顧客にストレスを感じさせてしまうおそれがあるのが注意点です。

陳列量を調整する

商品の陳列量によって売り場の印象が変化します。陳列量が多いと「活気がある」「売れ筋の商品である」といった印象を与えられるでしょう。その反対に、陳列量を抑えると「高級感がある」といった印象を与えられるので、場合によってはあえて商品と商品の間に余白を作るケースもあります。

売り場のディスプレイにおすすめの陳列方法

ここでは、店舗での魅力的な商品陳列を実現するために、おすすめの陳列方法をご紹介します。店頭の演出によって買い物客に商品の魅力を伝え、売上アップを目指しましょう。

トライアングル陳列

遠くから見たときに山のような形状に見えるよう、商品を三角形に積み上げる陳列方法です。ボリューム感が生まれて顧客の目を引きやすくなります。中央に背の高い商品を配置し、端に行くにしたがって左右対称になるように背の低い商品を陳列します。

シンメトリー陳列

商品を左右対称に並べる陳列方法です。売り場の中心線に対して、同じ商品を同じ数だけ陳列して左右を揃えます。色違いの商品や、似ている商品を並べることも可能です。左右対称のデザインは多くの人が美しいと感じやすく、好感度が高まりやすいといえます。

アシンメトリー陳列

商品を左右非対称に並べる陳列方法です。前述したシンメトリー陳列とは反対に、売り場の中心線に対して左右非対称になるように商品を配置します。商品の斬新さや個性をアピールしたいときや、売り場ににぎわいを演出したいときなどに適しています。

リピート(リピテーション)陳列

単一の商品または商品の組み合わせを、同様のパターンで繰り返し並べる陳列方法です。商品の種類・向き・間隔などを一定に揃えて、陳列スペース全体に連続するように並べます。特定の商品が顧客の目に留まりやすくなるので、おすすめ商品をひときわ目立たせたいときに効果的です。

大量陳列

単一の商品を大量に積み上げて、ボリューム感を演出する陳列方法です。新商品や売れ筋商品、客寄せの目玉商品などをアピールする際に用いられます。そのため、主に店舗の出入り口付近で展開されるケースが多くなっています。単一の商品を強く訴求し、購入や認知を促進することが可能です。

売上アップにつながるディスプレイを作るポイント

最後に、店舗ディスプレイを作るポイントをお伝えします。販促のためにも展示の構成は適宜見直し、最適な状態を保ちましょう。

アイテムを工夫して使用する

ディスプレイでは什器・スタンド・季節感のあるグッズなどを活用しましょう。簡素な什器は商品を目立たせたいときに効果的です。スタンドは卓上に置いてセール商品をアピールする際に役立ちます。季節を感じる売り場は顧客の購買意欲を刺激するので、シーズンに適したアイテムを取り入れるのもおすすめです。

顧客目線でレイアウトを作る

売り場のレイアウトは顧客の視点に立って設計することが重要です。顧客は店内を回遊して多様な商品を見たり手に取ったりしながら購入する商品を決めています。そのため、「顧客の視線の高さで目につきやすい場所に配置されているか」「顧客の手の届きやすい範囲に置かれているか」などの観点でレイアウトを考えましょう。

メンテナンスを怠らない

ディスプレイは展示を始めてから日数が経つにつれて汚れたり、破損したりする可能性があります。長期間にわたりメンテナンスせずに放置すると、どれほど陳列に注力しても購買意欲が下がるおそれがあるため注意が必要です。常に顧客の目に触れていることを忘れずに、日々メンテナンスを怠らないようにしましょう。

売り場のディスプレイを改善して売上アップを目指しましょう!

今回は、売り場のディスプレイでの効果的な陳列方法や、商品を並べるコツをお伝えしました。多数の店舗を管理する本社では、各店舗のディスプレイの状況をチェックする手間がかかります。本社の意図通りにディスプレイが実施されているか、確認作業の負担が大きくお悩みではないでしょうか。その際は、各店舗からの報告を効率的に管理できる「i-Reporter」がおすすめです。

【小売業界の作業精度と生産性向上へ】
現場帳票電子化システム「i-Reporter」で店舗の業務をスムーズに!
・各店舗の在庫や売場の情報もリアルタイムで確認可能
・帳票を紙から電子化→報告のラグ削減、転記ミスの減少
・生産管理、点検、巡回、在庫管理を一括デジタル化

→現場帳票電子化システム「i-Reporter」の資料をダウンロードはこちら

導入社数3,800社以上!
ペーパレスアプリでの
シェアNo.1

i-Reporter

(アイレポーター)

使い慣れたエクセル帳票から
そのまま移行できる
現場帳票の電子化システム

3分で分かる資料ダウンロード

現場帳票のデジタル化相談してみる