【最新調査】製造業、現場帳票のDX推進状況は?6割以上が、未だに「紙・エクセル」でアナログ管理している実態が明らかに

目次

〜2023年に向けて、電子帳票への対応を進める意向は93.9%〜
この度、製造業(従業員数50名以上)の現場の管理者102名に対し、製造業の現場帳票に関する実態調査を実施いたしました。

調査サマリー

調査概要

調査概要:製造業の現場帳票に関する実態調査
調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー®︎」の企画によるインターネット調査
調査期間:2022年11月14日〜同年11月16日
有効回答:製造業(従業員数50名以上)の現場の管理者102名
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。

現場帳票の管理、6割以上が「紙・エクセル」の実態

 「Q1.あなたのお勤め先では、現場帳票を主にどのように管理していますか。」(n=102)と質問したところ、「エクセル」が45.1%、「紙」が18.6%という回答となりました。

・紙:18.6%
・エクセル:45.1%

・システム:31.4%
・その他:0.0%
・わからない/答えられない:4.9%

「紙」の理由として「慣例となっている」や「利便性が高いと感じる」などの声

 Q1で「紙」と回答した方に、「Q2.現場帳票を主に紙で管理している理由について、当てはまるものを全て教えてください。(複数回答)」(n=19)と質問したところ、「紙での記録・報告が慣例になっている」が57.9%、「紙の方が利便性が高いと感じるから」が47.4%、「システム導入を推進する人がいないから」が26.3%という回答となりました。

・紙での記録・報告が慣例になっている:57.9%
・紙の方が利便性が高いと感じるから:47.4%
・システム導入を推進する人がいないから:26.3%

・意思決定者の理解が得られないから:21.1%
・システム導入のコストが高いから:15.8%
・システムに関する情報が入ってこないから:5.3%
・社内で現在利用しているシステムと連携がとれないから:5.3%
・その他:5.3%
 ー50歳:法令上
・わからない/答えられない:0.0%

「エクセル」の理由として「使い慣れている」や「クラウド化が進んでいない」などの声

 Q1で「エクセル」と回答した方に、「Q3.現場帳票を主にエクセルで管理している理由について、当てはまるものを全て教えてください。(複数回答)」(n=46)と質問したところ、「使い慣れているから」が67.4%、「クラウド化が進んでいないから」が45.7%、「レイアウトの修正が簡単だから」が37.0%という回答となりました。

・使い慣れているから:67.4%
・クラウド化が進んでいないから:45.7%
・レイアウトの修正が簡単だから:37.0%

・関数や条件付き書式が使えるから:23.9%
・エクセル以外のツールへの抵抗感があるから:21.7%
・その他:0.0%
・わからない/答えられない:0.0%

4割以上から「他ツールとの連携ができない」や「人的ミス・データの抽出・分析」に課題の声

Q1で「紙」「エクセル」と回答した方に、「Q4.紙・エクセルで管理する上で、不満を感じることはありますか。(複数回答)」(n=65)と質問したところ、「他ツールと連携ができない」が43.1%、「データの抽出・分析がしにくい」が41.5%、「人的ミスが起きやすい」が41.5%という回答となりました。

・他ツールと連携ができない:43.1%
・データの抽出・分析がしにくい:41.5%
・人的ミスが起きやすい:41.5%

・現場の状況が掴みづらい:36.9%
・記録方法や内容が統一されていない:36.9%
・記録後の処理や保管が手間:18.5%
・その他:1.5%
・特にない:7.7%
・わからない/答えられない:0.0%

他にも「管理をリアルタイムに行えない」や「紙からデータにうつす無駄な工数が発生している」などの不満も

 Q4で「特にない」「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q5.Q4で回答した以外に、紙・エクセルで管理する上で、特に不満を感じることがあれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=60)と質問したところ、「管理をリアルタイムに行えない」や「紙からデータにうつす無駄な工数が発生している」など40の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・25歳:管理をリアルタイムに行えない。
・38歳:紙からデータにうつす無駄な工数が発生している。
・42歳:最新版がわからない。
・47歳:システム上で処理できない為、資料が膨大になる。
・58歳:計算式が壊れやすい。
・51歳:一元管理、履歴管理に手間がかかる。
・51歳:消えてしまう事がある。
・47歳:間違いがチェックできない。

現場帳票の管理をシステム化した管理者の93.8%が、システムになって「よかった」と実感

Q1で「システム」と回答した方に、「Q6.あなたは、現場帳票の管理をシステムで行うようになって良かったと感じますか。」(n=32)と質問したところ、「非常にそう思う」が68.8%、「ややそう思う」が25.0%という回答となりました。

CTA Example – 2 Columns – Diagonal Split Background

\ 現場DX、最大の壁は「現場の抵抗」 /

説明文

現場帳票のデジタル化に成功した企業の声を特集にしました。
・「なぜ数多あるツールの中からi-Reporterを選んだのか」
・「導入後にどんなメリットがあったのか」
・「活用シーンはどこ?導入効果は?」
 その全てにお答えしています。

とりあえず資料を見てみる(無料)

・非常にそう思う:68.8%
・ややそう思う:25.0%

・あまりそう思わない:6.2%
・全くそう思わない:0.0%

システムの利点として、約6割が「リアルタイムに確認できる」や「参照・検索しやすい」「柔軟な働き方に対応できるようになった」などの声

 Q6で「非常にそう思う」「ややそう思う」と回答した方に、「Q7.システムでの管理で良かったと思う理由について、当てはまるものを全て教えてください。(複数回答)」(n=30)と質問したところ、「リアルタイムに確認できるようになったから」が66.7%、「参照・検索しやすくなったから」が56.7%、「リモートワークなど柔軟な働き方に対応できるようになったから」が56.7%という回答となりました。

・リアルタイムに確認できるようになったから:66.7%
・参照・検索しやすくなったから:56.7%
・リモートワークなど柔軟な働き方に対応できるようになったから:56.7%

・記入が楽になったから:50.0%
・帳票管理の手間が省けるようになったから:50.0%
・データが蓄積と分析ができるから:43.3%
・セキュリティが強化されたから:36.7%
・その他:0.0%
・わからない/答えられない:0.0%

「紙・エクセル」で管理をしている93.9%が、2023年に向けた電子帳票への対応に意欲

 Q1で「紙」「エクセル」と回答した方に、「Q8.あなたは、2023年に向けて、電子帳票への対応を進めたいと思いますか。」(n=65)と質問したところ、「非常にそう思う」が47.7%、「ややそう思う」が46.2%という回答となりました。

・非常にそう思う:47.7%
・ややそう思う:46.2%

・あまりそう思わない:4.6%
・全くそう思わない:1.5%

電子帳票への対応を進めたい理由、約6割が「記録や報告の効率化」や「現場の状況がリアルタイムに分かるから」と回答

Q8で「非常にそう思う」「ややそう思う」と回答した方に、「Q9.2023年に向けて、電子帳票への対応を進めたいと思う理由について、当てはまるものを全て教えてください。(複数回答)」(n=61)と質問したところ、「帳票の記録や報告の効率化ができるから」が59.0%、「現場の状況がリアルタイムに分かるから」が55.7%、「保管や管理の手間を削減できるから」が45.9%という回答となりました。

・帳票の記録や報告の効率化ができるから:59.0%
・現場の状況がリアルタイムに分かるから:55.7%
・保管や管理の手間を削減できるから:45.9%

・資源や人件費などのコストカットにつながるから:39.3%
・人的ミスの発生が防げるから:26.2%
・その他:1.6%
・わからない/答えられない:3.3%

他にも「情報漏洩を避けるため」や「紙・エクセルに頼る傾向があり無駄が多く、外部からの圧力は良い機会だと思う」などの声も

Q9で「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q10.Q9で回答した以外に、2023年に向けて、電子帳票への対応を進めたいと思う理由があれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=59)と質問したところ、「情報漏洩を避けるため」や「紙・エクセルに頼る傾向があり無駄が多く、外部からの圧力は良い機会だと思う」など30の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・58歳:情報漏洩を避けるため。
・47歳:全体的にうちの会社は紙・エクセルに頼る傾向があり無駄が多く、他社に後れを取っている。外部からの圧力以外なかなか新規導入を進めようとしない為、良い機会だと思う。
・39歳:省人化。
・53歳:工数低減。
・44歳:他システムとの統合、合理化、DX化の推進など。

まとめ

今回は、製造業(従業員数50名以上)の現場の管理者102名に対し、製造業の現場帳票に関する実態調査を実施しました。

 製造業の現場帳票の管理として、6割以上が「紙・エクセル」の実態が明らかになりました。紙で管理している理由として、半数以上が「紙での記録・報告が慣例になっている」と回答しました。またエクセルで管理している理由として、「使い慣れている」や「クラウド化が進んでいない」などの声が多数挙がりました。その一方で、92.3%が「紙・エクセル」での管理に不満を抱いていることも分かりました。不満理由としては、「他ツールとの連携ができない」や「人的ミス・データの抽出・分析」に課題の声が挙がっていることから、DX化が推進される今、現状の方法で出来ないことが明確になり始めていることが伺えました。

 なお、「紙・エクセル」で管理する現状に不満を抱くうちの93.9%が、2023年に向けた電子帳票への対応に意欲を示しており、なかなかDX化が進まない自社にとっては法令によりシステム化が求められることがありがたいという声も挙がりました。

 長年にわたり使い慣れた「紙・エクセル」から運用方法を変えるために、製造業の現場を動かすことはなかなか難しい実態が浮き彫りとなりました。DX推進が叫ばれてから、システム化するメリットをよく目にするようになりましたが、製造業の管理者としてもシステムのメリットは魅力的だと感じられているようです。2023年の電子帳票への対応に向けて動き出す製造業は多いことが想定され、導入後は製造業の管理者の作業負担は大幅に削減されることが期待できそうです。

i-Reporterについて

i-Reporterは国内シェアNo.1の現場帳票ペーパーレス化ソリューションです(※1)。
使い慣れた現場の紙帳票がそのままデジタル化できるので、誰でも簡単に利⽤できます。
電⼦帳票はノーコードで簡単に作成・修正ができるのでプログラミング知識が無い⽅でも安⼼。
紙ならではのミス・漏れ、ダブルチェック・集計・転記の煩わしさを解決します。

  1. 紙やExcelの帳票をそのままのレイアウトでタブレットに取り込み、ペーパーレスをノーコードで実現
  2. 現場⼊⼒データがリアルタイムでデジタル化され、データの2重⼊⼒を防ぎ情報活⽤と共有が迅速に
  3. 外付けデバイス、IoTやPLC、既存システムとのデータ連携により、ミス無く効率的な⼊⼒ができる他、トレーサビリティーの⾼いエビデンスが取得可能
  4. ⾳声⼊⼒によるハンズフリーを実現し、作業と⼊⼒を並⾏可能
  5. 複数のバーコードを一括連続して読み取るAR付きスキャンで在庫棚卸しなどの現場作業を大幅効率化
  6. ⼊⼒データをAI 連携し、分析、解析結果をエビデンス化
  7. オンプレミス版とクラウド版のどちらも利⽤可能

i-Reporterと各種のi-Repoファミリー製品は、ノーコード『現場DXプラットフォーム』としてお客様の現場DXの実現を支援します。

▼製品サイトはこちら
https://i-reporter.jp/

(※1)富士キメラ総研 2022年8月3日発行
業種別IT投資 / デジタルソリューション 2022年版
I-4現場帳票ペーパーレス化ソリューション市場占有率36.1%(2021年度実績)

導入社数3,500社以上!
ペーパレスアプリでの
シェアNo.1

i-Reporter

(アイレポーター)

使い慣れたエクセル帳票から
そのまま移行できる
現場帳票の電子化システム

現場帳票のデジタル化相談してみる