食品製造指示との照合(現品、賞味期限、規格)

食品製造指示との照合(現品、賞味期限、規格)

Before:現状

  • ・紙帳票、ハンディターミナル、デジカメのデータを混ぜ合わせ報告書にする必要があり、検査後の後処理工数が膨大に発生している。
  • ・抜き取り検査結果をラインへ報告するのに時間がかかり、廃棄率が高くなる。

After:改善後

  • ・自工程での行うべき検査情報(製品の規格、賞味期限)を迅速に把握でき、指示品番と違って いた場合には製造作業の抑止が可能に。
  • ・読み間違えやチェックの迅速化につながり、再投入までの時間短縮をで廃棄率を低減。