工事進行管理の効率化

作業者間で進捗をリアルタイムで共有可能

Before:現状

  • ・工事進捗の共有がリアルタイムではないため、各部門間での状況共有の遅延によるトラブルや、無駄な作業、連絡漏れ等が発生している。

After:改善後

  • ・全作業者でリアルタイムな作業進捗の共有ができ、指示や連絡の工数、漏れ削減。
  • ・問題点の共有、対応が迅速に可能。