実績報告の負荷軽減

1指示1帳票の形で入力

Before:現状

  • ・1帳票に複数の作業指示に対する実績を記載するため、記入項目が見づらく、書きづらい。
  • ・現場には簡易的な画面で実績報告させたいが、規定フォーマットがあり、改善できない。
  • ・帳票上で複数指示の実績収集を計算させたいため、どうしても記入枠が細かくなる。

After:改善後

  • ・現場が簡易的な入力画面で実績報告でき、負荷、抜け漏れミスの削減。
  • ・帳票フォーマットを意識せず、実績報告が可能。
  • ・帳票上で実績等の計算を行う必要がないため、作業工数削減及び、計算ミス防止。