実在庫のリアルタイム把握

実在庫のリアルタイム把握

Before:現状

  • ・紙の在庫管理票に入庫数と在庫数を手書きで記入し、それを生産管理システムと基幹業務システムへと転記するため、転記工数が多大に発生。
  • ・紙の在庫管理表への記入は、入出庫の業務の作業者に大きな負担になる。
  • ・記入漏れや間違いで実在庫と帳票上の在庫が合わず、正しい在庫が月末まで把握できない。
  • ・ミスを防ぐための二重チェックにも手間がかかり、作業時間が増える。

After:改善後

  • ・それぞれのシステムに手入力していた転記作業が一切不要。
  • ・紙への手書きや、在庫数を計算する時間を削減。
  • ・リアルタイムに実在庫が把握でき、仕入業務の効率化実現。