総務省ガイドラインクラウドサービスの安全・
信頼性に係る情報開示指針版

総務省クラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示指針版

No.種別サービスレベル項目例規程内容必須/選択
(注1)
内容
1開示情報の時点開示情報の日付開示情報の年月日(西暦)必須2024年6月12日
事業所・事業
2事業所等の概要事業者名事業者の正式名称(商号)必須株式会社シムトップス
法人番号必須2013201002720
3設立年月日事業者の設立年月日(西暦)必須1991/10/01
4事業所事業者の本店所在地必須 1410021
東京都品川区上大崎2丁目25番2号新目黒東急ビル10階
事業者ホームページ必須https://www.cimtops.co.jp/
5事業の概要主な事業の概要事業者の主な事業の概要必須 個別受注タイプの生産工場向け生産スケジューラ、工程管理システム DIRECTOR の開発・販売
タブレットによるペーパーレス現場帳票 記録・報告・閲覧ソリューションConMas i-Reporter の開発・販売
BOPプロセスエディタ MPPCreator の開発・販売
生産管理関連ソフトウェアの開発・販売
エンジニアリング関連ソフトウェアの開発・販売
上記に関わるシステムインテグレーション・システムコンサルテーション
人材
6経営者代表者代表者氏名必須水野貴司
代表者経歴(生年月日、学歴、業務履歴、資格等)必須 1962年4月20日、名古屋工業大学 経営工学科
株式会社シムトップス 代表取締役
7役員役員数選択4
8従業員従業員数正社員数(単独ベース)必須71
財務状況
9財務データ売上高事業者の売上高(単独ベース)必須¥1,680,016,137
11資本金事業者の資本金(単独ベース)必須¥244,437,070
12自己資本比率事業者の自己資本の比率(単独ベース)選択73%
コンプライアンス
22組織体制情報セキュリティに関する組織体制の状況情報セキュリティに関する責任者の有無と、「有り」の場合は責任者名・役職必須情報セキュリティ管理責任者 三上 上
情報セキュリティに関する組織体制の有無必須
23個人情報個人情報の取り扱い個人情報の取り扱いに関する規定等の有無と、「有り」の場合は記載箇所必須 ▼情報セキュリティ基本方針
https://www.cimtops.co.jp/security/
▼プライバシーポリシー
https://www.cimtops.co.jp/privacypolicy/
24守秘義務守秘義務契約守秘義務契約に関わる契約又は条項の有無必須従業員:就業規則等条文
取引先(代理店):相対取引による締結
守秘義務違反があった場合のペナルティ条項の有無必須従業員:就業規則等条文
取引先(代理店):相対取引による締結
25従業員教育等従業員に対するセキュリティ教育の実施状況従業員に対するセキュリティ教育実施に関する取組状況必須ISMS年間計画に含め年次教育、情報セキュリティ運用チェックを併せて年3回実施しています
26従業員に対する守秘義務等の状況従業員に対する守秘義務対応の取組状況必須就業規則、雇用契約等に含めて締結しています
27委託委託情報に関する開示サービス提供に関わる委託先(再委託先)の情報開示の可否と、可能な場合の条件等必須委託先(IaaS)としてMicrosoft Azure基盤の利用を開示しています
28委託先に対する管理状況自社の個人情報保護指針に対する順守規定の有無必須就業規則、雇用契約、またISMS実施要領に規定しています
委託先(再委託先)の個人情報保護等の状況に関する情報提供の可否と、可能な場合の条件等必須対象個人情報について事前調査の上該当ありの場合対応可能です
委託先(再委託先)との守秘義務対応状況必須委託先との委託契約等による締結しています
委託先(再委託先)の管理方法必須プログラム別管理の他、ISMS計画に基づく委託先管理策を採用し状況を把握しレビューを実施しています
29文書類情報セキュリティ関する規定等の整備情報セキュリティに関する基本方針・規定・マニュアル、リスクアセスメント結果等の状況と文書名必須情報セキュリティ基本方針、ISMSマニュアル、情報セキュリティ実施要領等ISMSドキュメントを整備しています
30事業継続に関する規定の整備事業継続に関する基本方針・規定・マニュアル等の有無と、「有り」の場合は文書名必須有り
情報セキュリティ実施要領内管理策として整備しています
BCP対応計画及び運用手順等の開示の可否と、可能な場合の条件等必須BCP関連情報は非公開です
31リスク管理に関する規定等の整備リスク管理に関する基本方針・規定・マニュアル等の有無と、「有り」の場合の文書名必須有り
ISMS年マニュアル、リスクアセスメント手順書、情報セキュリティ実施要領等を元に資産目録やリスクアセスメント等を実施しています
32勧誘・販売・係争に関する規定等の整備勧誘・販売に関する基本方針・規定・マニュアル等の有無と、「有り」の場合は文書名必須無し
係争に関する規定・管轄裁判所等、係争が生じた際の対応に関する情報を含む文書類の有無と、「有り」の場合の文書名必須有り
i-Reporterクラウド版サービス利用約款において東京地方裁判所を所轄裁判所とする旨を明記しています
33ASP・SaaSの苦情対応に関する規定等の整備ASP・SaaSの苦情処理に関する基本方針・規定・マニュアル等の有無と、「有り」の場合はそれらの文書名必須有り
苦情処理に関する基本方針・規程・マニュアル等の有無については非公開です
ASP・SaaS事業者の事故責任の範囲と保証範囲が記述された文書の有無と、「有り」の場合は文書名必須有り
i-Reporterクラウド版サービス利用約款において記述しています
34利用者による設定不備の抑止・防止に係る規程等の整備サービス提供の際の利用者による設定不備を起こさせないための基本方針・規程・マニュアル等の有無と「有り」の場合は文書名方針等の文書の作成においては、「クラウドサービス利用・提供における適切な設定のためのガイドライン」における対策項目を参照すると良い。必須有り
i-Reporterクラウド版サービスではユーザー向けに設定例を含めた複数種類のマニュアルを提供している マニュアルはサポートWebで利用者が任意に閲覧可能です
サービス基本性能
35サービス内容サービス名称本ASP・SaaSサービス名称必須i-Reporterクラウド版サービス
(以下”当サービス”と記述)
36サービス開始時期本ASP・SaaSのサービス開始年月日(西暦)必須2013年
本サービス開始から申請時までの間の大規模な改変等の有無と、「有り」の場合は改変年月日(西暦) 改変年月日:2020年2月18日
37サービスの内容・範囲本ASP・SaaSサービスの内容・特徴必須 現場帳票ペーパーレス化ソリューション
使い慣れた現場の紙帳票がそのままデジタル化でき、誰でも簡単に利⽤可能です
電子帳票はノーコードで簡単に作成・修正が可能です
紙ならではの記⼊ミス・漏れ、ダブルチェック・転記の煩わしさを解決します
他の事業者間ろの間で行っているサービス連携の有無と、「有り」の場合はその内容必須ホームページにて公開しています
https://i-reporter.jp/functions_cat/datalinkage/
38サービス提供時間サービスの提供時間帯必須24時間365日
39サービスのカスタマイス範囲アプリケーションのカスタマイズの範囲(契約内容に依存する場合はその旨記述)必須カスタマイズには対応していません
40移行支援本サービスを利用する際における既存システムからの移行支援の有無(解約内容に依存する場合はその旨記述)必須既存システムから本システムへの移行支援は当社では実施していません
販売代理店のSEサービス等を利用していただきます
42サービスの変更・終了サービス(事業)変更・終了時等の事前告知利用者への告知時期(事前の告知時期を1ヶ月前、3ヶ月前、6ヶ月前、12ヶ月前等の単位で記述)必須3ヶ月以上前に告知します
告知方法必須代理店からの連絡、サポートWebによる告知、顧客管理者宛のメール
43サービス(事業)変更・終了後の対応・代替措置対応・代替措置の基本方針の有無と、「有り」の場合はその概要必須無し
顧客はi-Reporterクラウド版サービスで使用したデータについてExcel、pdf、csv、xmlその他格納したオブジェクト方式でAPI経由でエクスポートし、汎用システムで利用することができます
44契約の終了等情報の返却・削除・廃棄契約終了時の情報資産(利用者のデータ等)の返却責任の有無と、受託情報の変換方法・ファイル形式・費用等必須 当サービスでは顧客データの管理は顧客自身の責任のもと実施いただきます。約款第14条1項
当サービスでは顧客データはExcel、PDF、CSV、XML、その他オブジェクト形式ファイルをエクスポートし他システムで使用することが可能です。費用はかかりません
情報の削除又は廃棄方法の開示の可否と、可能な場合の条件等必須 当サービスではMicrosoftAzure上の仮想環境を使用しているため「削除操作」を実施しています。
実際のデータ削除についてAzureが公開しているデータ取扱い情報を参照してください。https://www.microsoft.com/ja-jp/trust-center/privacy/data-management
削除又は廃棄したことの証明書等の提供必須削除操作を実施したことについて証明書を発行が可能です
45サービス料金料金体系初期費用額必須¥50,000
月額利用額必須¥37,500
最低利用契約期間必須無し
46解約時違約金支払いの有無解約時違約金(利用者側)の有無と、「有り」の場合はその額必須無し
47利用者からの契約事前受付期限利用者からのサービス解約の受付時期の有無と、「有り」の場合はその期限(何日・何ヶ月前かを記述)必須 有り
サービス解約の受付時期の有。
次月解約受付時期:当月25日締めです
48サービス品質サービス稼働設定値サービス稼働率の目標値必須2024年5月実績は100%です
サービス稼働率の実績値必須2023年度99.9%
サービス停止の事故歴必須2023年度実績で21回、平均17分程度
50認証取得・監査実施プライバシーマーク(JIS Q 15001)等、ISMS(JIS Q 27001等)、ITSMS(JIS Q 20000-1 等)の取得、監査基準委員会報告書第18号(米国監査基準SSAE16、国際監査基準 ISAE3402)の作成の有無と、「有り」の場合は認証名又は監査の名称選択ISO/IEC27001の認証取得をしています
https://isms.jp/lst/ind/CR_JUSE-IR-412.html
51脆弱性診断脆弱性診断の有無と、「有り」の場合は、診断の対象(アプリケーション、OS、ハードウェア等)と、対策の概要選択有り
アプリケーション診断を受診しています
54バックアップ対策利用者データのバックアップ実施インターバル必須日次、週次、月次バックアップを取得している
世代バックアップ(何世代前までかを記述)必須2世代を保管しています
55サービス継続サービスが停止しない仕組み(冗長化、負荷分散等)必須高可用性環境を使用しています
DR(ディザスターリカバリー)対策の有無と、「有り」の場合はその概要必須DR(ディザスターリカバリー)対策はありません
56受賞・表彰歴ASP・SaaSに関連する各種アワード等の受賞歴選択Best Software in Japan 2022,2023,2024受賞
57SLA(サービスレベル・アグリーメント)本サービスに係るSLAが契約書に添付されるか否か必須SLAは公開していません
58契約者数本ASP・SaaSサービスの契約企業数等選択 3800社
アプリケーション等
59連携他のサービス・事業との連携状況に関する情報提供他のサービスや事業との連携の有無と、「有り」の場合は情報提供の条件等必須ホームページで公開している
https://i-reporter.jp/functions_cat/software/
60セキュリティ死活監視死活監視の有無と、「有り」の場合は死活監視の対象必須有り
すべてのサービス環境は死活監視されています
61時刻同期時刻同期への対応の有無と、「有り」の場合は時刻同期方法必須有り
国内の信頼できる公的機関の時刻サーバーと同期しています
62ウイルス対策ウイルス対策の有無必須有り
63管理者権限の運用管理システム運用部門の管理者権限の登録・登録削除の手順の有無必須 
64ID・パスワードの運用管理事業者側にて、利用者のID・PWを付与する場合におけるIDやパスワードの運用管理方法の規程の状況必須i-Reporterクラウド版サービスは、顧客管理者がユーザーを登録し、ユーザーは自らパスワードの設定が可能です
ID・PWの管理は自社ポリシー、ルールに準じて運用していただきます
65記録(ログ等)利用者の利用状況の記録(ログ等)取得の状況と、その保存期間及び利用者への提供可否必須利用者のアクセス状態は顧客管理者が閲覧、エクスポートが可能です
システム運用に関するログの取得の有無と、「有り」の場合は保存期間必須有り
1年以上保管しています
ログの改ざん防止措置の有無必須適切なアクセス権を付与し、外部からアクセスできない領域に保管しています
66セキュリティパッチ管理パッチ管理の状況とパッチ更新間隔等、パッチ適用方針必須定期的に収集しているベンダー、公的機関からの脆弱性情報を評価し、必要と認めた場合、試験環境で運用確認後本番環境へ適用している、これらの手順を確実に実施しながら早期の適用を行っています
67暗号化対策暗号化措置(データベース)への対応の有無と、「有り」の場合はその概要必須データベースは暗号化済みストレージ内に配置され全体として暗号化されています
68設定不備防止対策申請したサービスが該当する「クラウドサービス利用・提供における適切な設定のためのガイドライン」における「【評価項目】a. クラウドにおけるセキュリティ設定項目の類型と対策」それぞれに対する設定不備防止対策の有無。「有り」の場合は、該当項目と設定不備防止対策の概要必須無し
ユーザーによるセキュリティ設定はありません
ネットワーク
69センター側ネットワーク回線専用線(VPNを含む)、インターネット等の回線の種類必須インターネット回線
70帯域データ通信速度の範囲、帯域保証の有無必須帯域保証はありません
71セキュリティファイアウォールファイアウォール設置等の不正アクセスを防止する措置の有無必須単独のファイヤーウォールは設置していません、Microsoft Defender for Cloud等により包括的に対応しています
72不正侵入検知不正パケット、非権限者による不正なサーバ侵入に対する検知等の有無と、「有り」の場合は対応方法必須有り
Microsoft Defender for Cloud,DDoS Protection等により包括的に検知対策を実施しています
74ユーザ認証ユーザ(利用者)のアクセスを管理するための認証方法、特定の場所及び装置からの接続を認証する方法等必須接続元IPアドレス制限(IPフィルタリング)はオプションで可能です
75なりすまし対策(事業者サイド)第三者によるなりすましサイトに関する対策の実施の有無と、「有り」の場合は認証の方法必須有り
サーバー証明書による防止しています
76暗号化対策暗号化措置(ネットワーク)への対応の有無と、「有り」の場合はその概要必須有り
i-Reporterのすべての通信はSSL(TSL1.2)により暗号化されています
78PC側ネットワーク推奨回線専用線(VPNを含む)、インターネット等の回線の種類必須汎用インターネット回線
ユーザ接続回線について、ASP・SaaS事業者が負う責任範囲必須 ユーザー接続回線に関して問うサービスは責任を負いません
79推奨帯域推奨帯域の有無と、「有り」の場合はそのデータ通信速度の範囲必須推奨帯域はありません、広帯域回線の利用を推奨しています
端末
80PC等(操作端末)推奨端末パソコン、スマホ、タブレット、シンクライアント等の端末の種類、OS等必須動作環境情報を参照してください
https://cimtops-support.com/i-Reporter/ir_manuals/jp/windows/iReporter_FunctionCorresponding_jp.pdf
利用するブラウザの種類必須 Google Chrome, Microsoft Edge, Safari等
ハウジング(サーバ設置場所)
81施設建築物建物形態データセンター専用建物か否か必須データセンターは専用建物です
82所在地国名、日本の場合は地域ブロック名(例:関東、東北)必須東日本、西日本に配置されています
83耐震・免震構造耐震数値必須非公開
免震構造や制震構造の有無必須免震、耐震の併用
84非常用電源設備無停電電源無停電電源装置(UPS)の有無と、「有り」の場合は電力供給時間必須有り
電力供給時間は72時間程度(ふくそう状況により変化する)
85給電ルート異なる変電所を経由した給電ルート(系統)で2ルート以上が確保されているか否か(自家発電機、UPSを除く)必須電力受電ルートは冗長化されています
86非常用電源非常用電源(自家発電機)の有無と、「有り」の場合は連続稼働時間の数値必須有り
72時間程度(ふくそう状況により変化する)
87消火設備サーバルーム内消火設備自動消火設備の有無と、「有り」の場合はガス系消火設備か否か必須有り
種別は非公開です
88火災感知・報知システム火災検知システムの有無必須有り
89避雷対策設備直撃雷対策直撃雷対策の有無必須有り
90誘導雷対策誘導雷対策の有無必須有り
91空調設備空調設備空調設備(床吹き上げ空調、コンピュータ専用個別空調等)の内容必須有り
データセンター用パッケージ空調他各種併用
92セキュリティ入退室管理等入退室記録の有無と、「有り」の場合はその保存期間必須有り
保存期間は非公開
監視カメラの有無必須有り
個人認証システムの有無必須有り
サービスサポート
95サービス窓口(苦情受付・問合せ)連絡先電話/FAX、Web、電子メール等の連絡先必須サポートは土日祝日を除く9:30から18:00まで、サポートWebで受付、電話またはメールにて対応しています
代理店連絡先の有無と、「有り」の場合は代理店名称、代理店の本店の所在地と連絡先必須 公開している代理店一覧を参照してください
https://i-reporter.jp/agent/
96営業日・時間営業曜日、営業時間(受付時間)必須サポート受付:24時間365日(サポートweb)
その他受付:土日祝日を除く9:30から18:00まで
97サポート範囲・手段サポート手段(電話、電子メールの返信等)必須サポートWeb、電話、メール
98サービス通知・報告・インシデント対応メンテナンス等の一時的サービス停止時の事前告知利用者への告知時期(1ヵ月前、3ヵ月前、6ヵ月前、12ヵ月前等の単位で記述)必須2週間以上前
告知方法必須サポートweb、顧客管理者宛電子メール
99障害・災害発生時の通知障害発生時通知の有無と、「有り」の場合は通知方法及び利用者への通知時間必須有り
サポートweb、顧客管理者宛電子メール
100セキュリティ・インシデント対応セキュリティに関するインシデントが発生した場合の対応(通知、被害の拡大防止、暫定対処、本格対処など)必須セキュリティインシデント発生時には、i-Reporterクラウド版サービス利用約款に記載通り、インシデント対応計画の順手行動し、併せて顧客への通知を行います
101定期報告利用者への定期報告の有無(アプリケーション、サーバ、プラットフォーム、その他機器の監視結果、サービス稼働率、SLAの実施結果等)必須サーバー稼働状態についてConMasマネージャーに表示しています

注1:「必須」は情報開示が必須である項目。「選択」は情報開示が任意である項目を指す。

注2:「クラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示指針」(平成30年10月版)のうち、「ASP・SaaSの安全・信頼性に係る情報開示指針(第2版)」又は「IoTクラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示指針(ASP・SaaS編)」に準じて既に情報開示を実施したクラウドサービスにおいては、「AI機能を用いたクラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示指針」との差分のみを情報開示することで差し支えない。

導入社数3,800社以上!
ペーパレスアプリでの
シェアNo.1

i-Reporter

(アイレポーター)

使い慣れたエクセル帳票から
そのまま移行できる
現場帳票の電子化システム

3分で分かる資料ダウンロード

現場帳票のデジタル化相談してみる