日本政府の海外支援事業におけるヨルダン建設現場で
i-Reporter を導入
数百ある工事現場の記録をペーパーレス化、リモートでの一元管理で飛躍的な業務効率化を実現。

KDDIドバイ様

KDDIシンガポール (KDDI Singapore Pte Ltd)(https://sg.kddi.com/ja/)
企業オフィスワークを支えるインフラ・ネットワーク構築、IoT、AI などのサービスをグローバルで提供します。<br>また日本政府が支援する海外公共事業の請負いなど、海外で様々な事業展開を積極的に行っております。

今回、i-Reporter を導入頂いたのは日本政府の海外支援事業でヨルダンのインフラ設備の公共事業建設現場。 この事業のプロジェクトマネージャーKDDI ドバイ門村氏、ヨルダンの現場で実際にi-Reporter を使っているKDDI ドバイ現場マネージャーのMohammed Abdullah 氏( 通称レックス)、そしてConMas i-Reporter のグローバル代理店であり本プロジェクトの導入支援を行ったKDDI シンガポールの瀧村氏へのオンラインインタビューが実現した。

業務手順を標準化する事、エビデンスを残す事で品質を保つ

KDDI ドバイの門村氏は多数の海外拠点で培った経験で、現在はドバイにて日本政府の海外支援事業で大型プロジェクトの統括を担う。海外での歴戦の経験を持つ門村氏でも、中東はまた一味違ったご苦労があるようだ。何か問題が発生すると、「インシャラー( 神のみぞ知る)」で一蹴されてしまう手強い文化の中、いかに品質を保っていくかという点においてi-Reporterを利用した業務手順の標準化、権限設定を利用した制御機能が有効だったと語る。

門村 亨 氏
「作業手順を細かく規定し、各ステップ毎にチェックして写真を撮る」「実施した作業記録を管理センター側でもチェックできる、そういう帳票にすることで、こちらが想定している作業手順に縛れる、それを徹底しました」(門村氏)

門村氏は突然のCOVID-19 蔓延により急遽ヨルダンの現場を引き上げドバイに戻ることになってしまった中、i-Reporter で現場の状況を遠隔地から可視化できたことは不幸中の幸いだったと語る。

「数百ある現場を管理する上で、i-Reporter のようなモバイル端末で現場から直接報告できるツールが必須でした」「どこからでもアクセスできるクラウド型という物が非常に有効でした」(門村氏)一見強面の門村氏だが(失礼)、時折見せるキュートな笑顔を交え語る海外ならではの導入事例話は必見である。

i-Reporter でお客様のDX化を一気に進めることが可能

こうした課題を解決するためにバイホロンでは、急速に普及し始めたタブレットを活用することができないかという検討を開始した。生産現場の作元々は日本でKDDI グローバル全体のサービス企画を担当していた瀧村氏。現在はシンガポールでRPA やAI、IoT といった企業のDX化を推進するサービス提供を担っている。未だに多くのお客様が現場で手書きのチェックシートや報告書を使う中、その一番上流工程からのDX 化が非常に重要だと語る。

瀧村 修 氏
これをやらないと、次のステップとなるデータ活用が何も始まらないんですよね」(瀧村氏) 「i-Reporter は今お客様が使っていらっしゃる帳票フォーマットをそのままに、iPadで簡単に入力できるので、非常に理解が早い」 「一度データ自体をデジタル化してしまえばRPAを使った複数システムの連携やBIツールを使った可視化が可能となりますので、 お客様のDX化を一気に進めることが可能です」(瀧村氏)

サービス精神あふれる瀧村氏は各所でジョークを交え緩急をつけこの動画全体を演出してくれている。 笑いと彼が語るi-Reporter の未来は一見の価値がある。

i-Reporter はもう人生になくてはならない物!?

ヨルダンで実際に現場マネージャーをしているMohammed Abdullah 氏(以下レックス)。現在は門村氏同様、コロナの影響により一時的にヨルダンを離れドバイから現場を遠隔管理している。

Mohammed Abdullah 氏
「i-Reporter の一番大きな効果は業務時間の大幅な削減ができたことです」(レックス氏)

「i-Reporter を使うようになってiPad のカメラで写真を撮影でき、現場作業の記録を簡単に入力して報告が完了する為、大幅に効率が上がりました。以前は( このプロセスに) ほぼ丸一日掛かっていました( 笑)」(レックス氏)

笑顔がとてもチャーミングなレックス氏。i-Reporter の利便性をノリノリで語ってくれている。

CIMTOPS x KDDI DubaixSingapore事例インタビュー

ヨルダン現場インタビュー

お忙しい中、貴重なお話をお聞かせいただきありがとうございました。